スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特等添乗員αの難事件


特等添乗員αの難事件


面白くて知恵がつく
人の死なないミステリ

って帯がいつもついてる本


千里眼からQへ行って、今度はαかよって思ったけど、今回はQと交互に続くんだな。
人が死なない、且つアクション的な要素がほとんど無い分、Qシリーズの方が好き。

何とかの要領で何とかの技を放つとか言われても全く分からなかったし。

二ヶ月に一冊のペースだけど、よくこんなに考えられるなぁと。
作中に登場する問題も、誰かに話したくなるような問題ばかりで。

次は推理劇Ⅱ
4月まで遠いなぁ。

続きを読む »

スポンサーサイト

ラブコメ今昔

ラブコメ今昔

かっこいいなぁ。
自衛官だからかっこいいと思うのかな。

ラブコメ今昔とかクジラの彼読んだおかげで、自衛隊が好きになりました。
前までは好きでも嫌いでもなく、普通・・・?
そんな感じでした。

映画とドラマで注目された海の猿よりは好き。
その程度だったけど、もう少し早く出会っていれば自衛隊目指していたかもっていうくらい好き。

初版が平成二十年だから物理的に無理な話なんだけど。


前回、女性の強さがあったけど、今回は男性の強さもあったかな。
「ラブコメ今昔」と「秘め事」のあの人がかっこよかった。

続きを読む »

レインツリーの国

レインツリーの国

クジラの彼と一緒に購入しました。

レインツリーの国を読んだおかげで本の感想を書こうと思った訳で。
でも、ひとみさんみたいな感想は書けないなーと思い。

作中みたいな出会いは期待してませんからっ!

レインツリーの国と違うところはネタばれの続きに

続きを読む »

「つめたいよるに」「死にゆく妻との旅路」「それでもやっぱりがんばらない」




一昨日購入したこの三冊

江國香織「つめたいよるに
清水久典「死にゆく妻との旅路
鎌田實「それでもやっぱりがんばらない

近所の古本屋(百均)で購入

「つめたいよるに」は、母弟が
「江國香織の本はよく分からない」
と言っていたので、適当に、短編が好きだったから買っただけでした。

読んでみたけど全然意味分からなくなかった。
短編だったからか普通に面白かった。
「夏の少し前」
「晴れた空の下で」
の二つが好き。

なぜ、「よく分からない」と言ったのかが分からない。
何が分からないのか聞いても、何が分からないのかが分からないと言われる為、やっぱり分からない。

言葉の使い方が独特、とまではいかないけど少し変わってる感じがした。
その辺りが他の作家と違ってて「分からない」になったのかな。

江國さんのはドラマとか映画とかになっている為、たぶん買う回数は少ないと思うけど、
もう二度と買わないって気にはならず、面白かった。

続きは他二冊

続きを読む »

クジラの彼

クジラの彼

ソラ、ビブリアと読み終わり、新しい本を探しに「本を売るならブックオフ~♪」のブックオフへ行きました。

先に結論を言うと、この人の本好きだ。
なんというか、萌える。
6つの短編集
その全てで萌えた。

図書館戦争はアニメで見てて、アニメ見ちゃったし小説は別にいいかな~って思ってたけど、
個人的な好きな作家に仲間入りしたせいで買わないといけなくなった。

一部「空の中」、「海の底」って別作品の前日・後日談があるけど、読んでいなくても楽しめた。


あとがき、解説まで読んだ本は初めてかもしれない。

自衛隊に少し憧れまででてしまった。
年齢制限に引っ掛かるので、今更なろうと思ってもなれないけどね。
まだ予備自衛官にはなれる年齢だけど、一日中本とゲームの僕には無理だろうな。

せめて有事の際は迷惑をかけないように見つかりやすい場所で死ぬのが一番だな。


自衛隊になりたい云々は置いといて、物語の、女性の強さが何とも言えない。
結婚したら尻に敷かれるだろうな、とか思いながら、でもこんな彼女達だったら別にいいか。
と、思えた。

続きは若干ネタばれ

続きを読む »

リンクフリーのリンク
メールフォーム
直接コメント残せないような事でもあれば、こちらからどうぞw

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。